さよならアイデンティティー/yonige

やっと今繋げたこの糸も
きっといつかは切れるんだね
3度目の春が来ようとしているけど
すり抜けてった

 

例えば君が描くような
明日さえ怖いなんて言えないな
こんなにも苦しいのに繋ぐなんて
馬鹿みたいだ

 

イライラってして泣いて
こんな最低な夜は
キラキラって星空に
祈りを捧げよう
ダラダラってしてるだけ
期待なんてして馬鹿みたい
ケラケラって笑うだけ
何も言えないな

 

さよならアイデンティティーよ
もう少し早く気付けたら
綺麗な昨日を思い出すこともなかった
呆れる程に痛かった
もう少し君と居たかった
嫌いなその癖 今じゃなんだか愛しくて

 

愛していた
恋していた
無理していた

 


たった今途切れた電話から
もっと確かな不安は動いた
いつまでもこんなに変われない僕は
駄目になってった

 

イライラってして泣いて
こんな最低な夜は
キラキラって神様に
祈りを捧げよう
ダラダラってしてるだけ
期待なんてして馬鹿みたい
ケラケラって笑うだけ
何も出来やしない


さっきからちらつく君は
なんかいつも悲しそうで
さっき離した左手をずっと
忘れないでいてね


さよならアイデンティティーよ
もう少し早く気付けたら
綺麗な君の目傷付けることもなかった
呆れる程に痛かった
もう少し夢を見たかった
嫌いなその癖 今じゃ全部愛せるから

 

さよならアイデンティティーよ
思い出したくもなかった

呆れる程に痛かった
もう少し君と居たかった
嫌いなその癖 今じゃなんだか愛しくて

 

愛していた
恋していた
許していた